広告

読書感想:『ホワイトラビット』を読んだので感想を一枚の画像で表現してみる

   
『ホワイトラビット』を読んだ。いや読んだのは正月だったけれども。安定の伊坂幸太郎。このミス2位。そりゃ外れっこないわな。
  
  
ってことで読んだ印象を一枚の画像で表現してみる。それがコレ。
  

  
読んだ人にならきっと分かってもらえるだろう。定番中の定番のマジック。ボールは今どこにある?
  
  
分かっていても騙される基本中の手品。伊坂ワールドに取り込まれた時点でアナタは術中にハマっています。
  
そういやこのマジックの正式名称を知らないや。まあ伊坂マジックでいいだろ(適当)。
  
  
とりあえず名称はホワイトラビット事件。たとえそう呼ぶ人が一人も居なくても、ホワイトラビット事件はホワイトラビット事件てことで。だって解説者がそういうんだもん。とりあえず中心にいるのはウサギだ。いや違った兎田。
  
「た」は濁らないらしい。「うさぎた」。名前が孝則なので「た」が続く。「うさぎたたかのり」うん、言いにくい。「うさぎだ」でいいじゃん。てことで私の頭の中では「うさぎだ」。勝手に改名。
  
伊坂氏の小説は、大抵がまともな登場人物ではない。っていうか犯罪者。なのでこいつも犯罪者。誘拐ビジネスってそんな儲かるのかね。オレオレ詐欺の方が効率良さそうですけど。
  
で、その誘拐ビジネスやってる当の本人の妻が誘拐されるという、なんともなんともなところから事件はスタートする。
  
もちろん、誘拐したのは誰なのか、そんな謎を解くとかいう当たり前の展開は伊坂小説では有り得ない。妻を誘拐したのは身内組織だ。妻を人質にとられてしまった兎田は、なんとかして組織の金をちょろまかした自称コンサルタントのオリオオリオを探し出さなければならない。
  
重々しい展開のハズなのに、妙に軽快な語り口の例の伊坂節で淡々とミッションは進む。
  
さてその横で、詐欺師の家から名簿を盗もうと企む泥棒三人組の泥棒譚も進行中。伊坂作品ではおなじみの、泥棒兼探偵のあの人ね。そして案の定トラブル発生。
  
さらにそのまた横では立てこもり事件が発生。でも立てこもられた家族も何か事情を抱えている様子。おやおやおや。
  
さらにこの立てこもり事件のための特殊捜査班を指揮する警官、夏乃目。この人にも過去がある。重い、重いよ。でも語りは軽快。
  

いくつものお話が軽快な語り口によって淡々と語られていく。あれ、今どのお話なんだっけ? ちょっと目を離すとボールを見失う。そしてまんまと錯覚のワナにハメられる。これぞ伊坂マジック!
  
  
著者後書きにですね、

籠城物、人質立てこもり事件の話を今までにいくつか書いてきたので、このあたりでその決定版を、と取り掛かったものの、はじめに描いていた、硬派な犯罪小説、警察と犯人との緊迫した攻防戦、といったものにはあまり、近くことができませんでした。

  
とあるんですが、

> 硬派な犯罪小説、警察と犯人との緊迫した攻防戦
> 硬派な犯罪小説、警察と犯人との緊迫した攻防戦
> 硬派な犯罪小説、警察と犯人との緊迫した攻防戦
  

・・・うん、近づくどころか遠ざかってないですか。
  
まるでさそり座から逃げるオリオンのようです。
  
  
で、これ読むと「レ・ミゼラブル」を読み返したくなるのね。
理由は本編で。   

  
これ読んでレ・ミゼラブルを読み返したくなった人はお仲間です。  

  
  
本編読破に挫折した人向けのあらすじ本。
本編で読むと背景の描写とか長ったるくて超ウザイけど、こちらの解説読むとすんなり頭に入ります。新装版はパリ市外の地図がついてるのでオススメ。

  
  
ちなみに冒頭の手品のイメージ画像にはちゃんとオチがあってですね。

CHOP CUP

  
この「ヤラれた〜!」感がまんまホワイトラビットなんだよなあ。味わいたい人はぜひ読もう。
  
  
  
関係ないけどボールがどこに入っているかをちゃんと当てる猫が可愛いので貼っておく。

Cat plays SHELL GAME

   
ここまで連続して当てるのはやはりご褒美のチカラ?