広告

寝ても寝ても眠い!!更年期の眠気に勝つ究極の対策とは


眠い。眠い。眠い・・・眠い!!

眠いしだるいし頭痛いし、なんかいくら寝ても寝たりない。目はショボショボするし、頭はなんかボーッとして集中力が続かない…。

とか思っている40代以上の人、
ひょっとしたらお仲間かもしれません。

わーい仲間だ仲間だよろしくね♪

とか馴合ってる場合じゃないのだ。一日中眠いので、割と死活問題
ナルコレプシー疑ってもいいかもしんないってくらい眠い。

眠気の種類としては、PMSのときの眠気に近いです。
身体が全力で冬眠に入ろうとするあの感じ。

て、すんません、殿方には分からんっすね(汗)

強いて言えばプールで泳いだ後に身体が温まってきた頃にくる、有無を言わさぬあの眠気から体力的な疲れだけ引いた感じかねー。

「更年期あるある」の症状の中でもベスト3に入りそうなくらいやっかいなのがこの眠気だ。
どうしてくれようぞ、コレ。

しかし、
ホルモンの分泌量が減って、脳の命令とのバランスが取れなくなって自律神経が多少狂っただけで、なんでここまで眠くならなきゃアカンのだ?

とか思いません??
人間の身体ってあめーじんぐ。

ただこれ、さっきも書いたとおりめっちゃ更年期あるある症状の代表のひとつなんだけども、ネットで調べても、どっこも同じようなことしか書いてない。しかも役に立たない。Google先生に聞いても出てくるのは更年期の解説ページか睡眠サプリの販売サイトとかばっかり。

ってか、Googleって最近有意義情報のヒット率悪くないっすかね?

本当に専門家が書いたのかどうか分からないような(多分違う)、いかにも「専門家が執筆しました、専門家に聞きました風(笑)」な怪しい解説まとめサイトばっか引っかけてくる気がする。でもって最初の検索1〜2ページ目は、だいたいどれ開いても同じようなページばかりがずらりと並んでる。

一応ざっと確認して、時間をムダにしたときのガックリ感といったらもうね。。。

「信じるかどうかはアナタ次第〜♪」ってんなら個人ブログのアヤシイ体験談の方がなんぼかマシっしょ。読んでてオモロイし。体験談ならウソかどうかは読めばなんとなく分かるし。

同じようなサイトをいくつも検索したいんじゃないんです、種々多様ないろんなサイトを見たいんだ。
頼みますよGoogle先生。

ま、そんな余談はおいといて。

ネットで更年期の眠気についてgoogle先生で検索した結果を三行でまとめてみようと思う。
・眠くてたまらない → 40代以降ならそれ(プレ)更年期かもよ〜ん
・更年期とは云々(解説)→ 原因は自律神経の乱れ
・対策 → 一般の眠気覚ましのコツ紹介(ツボとかストレッチとか運動とかサプリとか)

はい、参考になりませんでした(残念!)

いや結局ね、原因が更年期だとしても対処としては一般的な眠気対策しかないようだ。
更年期解説どうでもええやん(笑)

一応、オンナ的な更年期対策として、病院行ってホルモンパッチもらって貼ってみたりもしたんだけど、眠気はあんま変わらんかったよ。敗。

そのかわり(?)、その時やった血液検査で、たんぱく質の数値が基準以下ということが判明。ひょっとして疲れやすかったのはたんぱく質不足が原因か?
健康診断って大事。人間ドック受けられるなら受けとくべき。

まあそんなわけでGoogle先生はアテにならなかったので、個人的にいろいろ模索した結果悟ったこと。

1.高タンパク低脂肪の食事と運動という基本に向き合う

歳を取れば取るほどツレなくなってくる筋肉サン。待って、逝かないで、私に悪いところがあったら直すから!!

ってなことで(笑)、豆腐、豆、納豆、魚、肉、この辺を心がけて摂るようにしました。あ、野菜はしょっちゅう摂ってるんで敢えて入れてないダケですyo。

太るの嫌なんでお肉避けてたんですけどもね。ええ頑張って食べてますよ。お魚は大好き。キンメダイの煮付けウマー。

お豆腐は一般的にはおみそ汁かお鍋がメインでしょーが、作るのが面倒な時は溶けるチーズ乗せてレンジで一分強。そんでお醤油たら〜り。一時期ネットで話題になったお豆腐の美味しい食べ方ですが、評判通りこれが美味い。てかラク(笑)。明太乗せてもグッド。普通に海苔もわさびも合いますよ。

食生活は改善カンタンなんだけども、問題は運動。運動は得意じゃないんで、まあ楽しみながらやれるものをってことで。趣味のボウリングをやる機会がここ数年減っていたので復活させました。

ボウリング楽しいよ!一応全身運動だし、体力なくてもできるし、ぶっちゃけ運動神経も要らないので、運動が苦手な人にはオススメ。

歳取ったら筋肉はもはや財産です。手放しちゃダメ、ゼッタイ。

2.眠気がふっとぶほど夢中になれるものを見つける!!(大事)

眠気覚ましのツボ押しとかストレッチとかストレス対策のための瞑想とか快眠できるリラックスアロマとかね。いいんですけどね。それはそれで。でも結局は眠くなった時の後手の対策なんですよね。

まあ許される環境にいるのならば、眠いなら寝てしまえという対策もアリですが(笑)。

いやもう正直、小手先の対策いくらやってもキリがない。眠いもんは眠い。眠気の対策あれこれやってもムダです。悟りましたよ私は。眠気に効く一番の対策は、

寝食忘れて夢中になれるものに夢中になる!!

これっきゃないです(笑)

誰にでも1つや2つは睡眠時間削ってでも夢中になれる(なれた)ことがあるはず。ゲームとか音楽とか。漫画とか小説とか。海外ドラマやプラモデル、絵画にプログラミングに一人旅。
・・・すんまそん、発想が貧弱で(笑)。

まあそんな大好きなものがあったにも関わらず、歳を取ってくると、いらん知識がついちゃったり、仕事が忙しくて最新情報に疎くなってしまったり、なんとなく限界が見えてきちゃったりで、そういう、昔熱中してたはずのことにいつの間にか無関心になっている自分がいる・・・心当たり、ないですかのう?

気がつけば、ただただ日々に追われて目先の時間を消化するだけ。むむむむむ。

いざ自由な時間ができても完了というか区切りつくところまでやるには時間が足りなくて中途半端で終わりそうだから手を付けない。金をかければ家族にもメーワク。てか財務大臣サマが出してくんない。で、結局何もやらない。やれない。そしてますます興味を失ってく。

充実感?ナニソレ美味しいの?
手の届かない葡萄はスッパイはずデショ!!(笑)

寝食忘れて夢中になるって時間が、なんかもはや贅沢品のようになってしまっているという。
いやいやいや、そんなんアカンですよ。
贅沢品上等、どんとこい!

よく聞くじゃないっすか、「お父さんが仕事辞めた途端にボケ始めちゃってね〜」ってヤツ。いままでの目的が失くなっちゃって、他に熱中することも思いつかないから脳が道を見失っちゃってサボりだすパターン。脳は動かさないとすぐサボるからね。

女性はまだ家事とかあるから男性よりはボケにくくはあるようだけれども、それでもボケ始めた母親にペット飼わせて世話させるようにしたらボケが直ったとかって話も聞くし。

やっぱ人間、生き甲斐って必要なんだなと思いましたわ。
若い頃には夢が必要、歳取ったら生き甲斐が必要。

アナタが夢中になれるもの、ありますか?

子供の頃の夢を叶えるのも良し、昔なかった財力活かして趣味を復活させるのも良し、昔取った杵柄に再チャレンジするのも良し、現代ならではの新しい世界へ飛び込んでみるのも良し。

なんでもいーんですよ。楽しめれば。夢中になれれば。

一分一秒でもそれに時間を費やしていたいと思えば、仕事終わったらアレやろうコレやろうって夢想しちゃうし、仕事なんか集中して速く片づけて上がろうと思うし、仕事が終われば眠気も一気にふっとぶ。

あ、もちろん仕事が生き甲斐ってヒトは、それはそれでよくて、そーいうヒトはたぶんこんなサイト読んでない(笑)

動物って動く目的がないと、本能で眠くなるんだろう。猫見るとそう思う(笑)。
狩りをする必要がなければ、寝る。ひたすら寝る。
(でも寝るのも実は体力要るんだよね〜。老人の眠りが浅い理由はコレですし)

眠気に勝つには、やりたくて仕方がないことをやる

ですよ。やっぱ。

ゆる〜く老いていくためには、夢中になれるものがあった方が断然いい!!

気張ったモノじゃなくていいんです。

「これを楽しむために俺は生きてるんだ!!」

って言えるもの。
朝起きたら、ワクワクしてる自分に出会えるもの。

それを見つけましょう。
そしたら眠気なんてオサラバ。

その方が人生楽しく倖せだもの。ゼッタイね。