広告

斜め45°の世界


「斜め45°」。なんだか記憶に残る言葉である。
     
「斜め45°」という言葉の、なんともいえないこの響き。30°でも90°でもいけないんである。45°がいいのだ。
  
「斜め」という言葉がもたらすちょっとした不安定感を、「よんじゅうごど」という単語に含まれる、オノマトペでいうBGDZ系の音が与える力強さが見事にカバーしている。さらに「よんじゅうごど」という単語の、「ご」で上がって「ど」で下がるリズム感も合わさって、まるで呪文のよう。
参考図書:怪獣の名前はなぜガギグゲゴなのか
  
似た表現に「斜め上」というのがあって、これはネット上で生まれたスラングなのだが、「想定の範囲外」の意味合いで使われることが多い。このイメージから「斜め」という単語自体に「ちょっとズレている」感があるのだが、 「斜め」という言葉はもともとは「なのめ」から来ていて、その意味を辞書で調べると

なのめ 【斜め】
(形動ナリ)
〔「ななめ」と同源〕
① 傾斜しているさま。傾いているさま。ななめ。
② 目立たないさま。平凡なさま。普通。「わが為にも人のもどきあるまじく―にてこそよからめ」〈源氏物語•浮舟〉
③ いいかげんなさま。おろそかにするさま。「世を―に書き流したることばのにくきこそ」〈枕草子•262〉
④ (「なのめならず」と同義で用いて)格別なさま。「あるじ―に喜びて」〈御伽草子・文正草紙〉


引用元:スーパー大辞林 / Super Daijirin Japanese Dictionary Copyright © 2010, 2013 Sanseido Co., Ltd., under licence to Oxford University Press. All rights reserved.
  
と、意外にも「② 目立たないさま。平凡なさま。普通」とあるのである。斜めって普通なのだ。ズレてなーい。
  
どうやら、④にあるように、普通の否定として使われてきた「なのめならず」が、時代とともに用途がだんだん変化していって、「斜め」という言葉になり、「なのめならず」という意味も吸収されていったようだ。
  
  
  
そこでふと思いついて「斜め45°」をネットで検索すると、いやー、出てくるわ出てくるわ。
みんな好きなのね、「斜め45°」。
  
一番多かったのが写真ネタだ。どうも斜め45°というのは、自撮り愛好家たちにとってのベストポジションであるらしい。

左斜め45度がベスト!? 男性が「彼女と写メるときのベストアングル」4つ
2mmとななめ45度! 突然写真を撮られてもかわいく写る5つのポイント - Peachy - ライブドアニュース
プリクラや自分撮りでかわいく写るノウハウは数あれど、ふとしたキッカケで写真を撮られる時って、デカ目効果も美白効果もなくて、なかなかベストショットにならないですよね〜。そこで!多くの芸能人の撮影を担当
「ななめ45度」がSNS美人のコツ☆盛れるテク5連発!|KiraraPost powered by ママガール
SNSにアップする写真は少しでも素敵に見える写真を選びたいですよね。 自撮りならごまかせても、全身を撮りたくて撮りなれてないパパに任せるとガッカリ写真が撮れてしまったり…そんな失敗を少しでも解消できる、盛れる「撮られテク」。今回は、写真を撮るときのポージングや小技など自撮りにも使えるテクをご紹介します。美人度を上げて...

  
そういえば、俗にいう「モデル立ち」も片脚を前に出して45°身体をずらすスタイルだったなと思い出す。引用するの飽きてきたので省略するけれど、探すと猫も料理もみんな45°で撮れって出てくる。
  
それもそのはず。自撮りに限らず、どうやら写真を撮るときの鉄板法則らしい。光の45度を意識すると、柔らかい、ふんわりした印象の写真が撮れるんだそうだ。ほほう。

出張写真撮影の名古屋の使える写真館 写真の構図に迷ったら斜め45度 | 使える写真館(名古屋・東京・大阪)
出張写真撮影の名古屋の使える写真館です。 今はスマホやデジカメで撮影するママやパパさんも多い中、なんだかまたいつもの写真と一緒だなーなんて嘆いている方達は多いのでは無いでしょうか。もっと良い写真が撮りたい!使える写真館にお任せください!!そこで、カメラマンの私が仕事が無くなる覚悟で、いつも心がけている秘密の方法を惜しげ...

  
同じ写真でも少々毛色が異なるが、斜め45°を愛するこんな人もいる。

「斜め45度」が止められない・・・ロシア人インスタグラマーの偏愛写真24枚
もしかしたら、これから登場する写真が、あなたにはただの風景画にしか映らないかもしれない。けれど、これが「斜め45度」の世界。2枚、3枚と続くうちに、いつしかこのデュアルワールドの奥深さに、あなたもハマっていくに違いない。たとえば、この一枚の写真。川沿いの土手にできた轍の上を自転車が走る。何のことはない風景写真ともとれる...

これ、ちょっと「先にやられちゃったなあ」感アリ。うん、分かるよ。
    
   
  

顔の左半分には本音があらわれる

  
しかしいったいなぜ「斜め45°」はここまで人々を魅了するのか。
その答えは脳科学にありました。

滝川クリステルに学ぶ 左斜め45度の脳科学
左斜め45度の顔が人に与える印象 最近、スマートフォンなどで顔写真を撮影する機会が増えましたが、先頃、魅力的な演出に役立つ研究結果が発表されました。米ウェイクフォレスト大学の研究グループは、左斜めの角

『人間の神経は左右が入れ替わって脳とつながるため、顔の左側は脳の右側と関係が深いのですが、この部分は感情を司る働きをしています。そのため、顔の左側には本音が現れやすく、人間味が伝わり魅力的に感じるのです。反対に顔の右側は論理的思考力を司る左側の脳と関係が深いため、冷たい人柄に受け止められてしまいます。また、真正面から顔を見ると、脳は敵対する本能が刺激を受けるため、嫌いな人だと認識しやすいのです。ですから写真を撮影するなら、顔の左斜めの角度がベストだということです。』


  
真正面のアングルは無意識に闘争本能を刺激するので、敵と認知されてしまう危険性がある。つまり、斜め45°というのは防衛本能の現れだったのだ。加えて、顔の左側は右脳に、右側は左脳に影響されるため、右側と左側ではそれぞれ人に与える印象が変わってしまう。
  
  
戦いを挑むなら相手の視界の真正面へ。
好いてもらいたいならちょっとだけ右を向く(左を見せる)。
逆に嫌ってもらいたいなら左を向いて顔の右側を見せるとよい。
  
    
これ、交渉とか面談とか、意外と使えるテクニックかも。
  
あなたはパートナーの顔のいつもどちら側をよく見てますか? 右側を見ていることが多ければ、意識して左側を見るようにすると関係が変わってくるかもだ。
  
  
そういえば猫(動物)に触るときなでるのも真正面から手を出したら警戒されるから横からにしなさいと聞いたことがある。横からの方が視界に入らずびっくりされそうだが、あれはそういうことだったのか。納得。
  
よくよく思い出すと、岩合さんの「世界ネコ歩き」で猫を見つけてズームアップしていくときって、大抵斜め45°から近づいてるよな。なるほどなあ。
  
ということは、逆に言うと、ひょっとして免許証とかの証明写真がなんか犯罪者っぽく印象マイナスで見えてしまうのは、アングルが真正面から撮ったものだからじゃなかろうか?
  
その点、最近の履歴書写真はスゴイ。実物に会ったら「アンタ誰?」ってなるときがある(笑)。履歴書にいつまで写真貼らせるんだってギモンはまあ置いといて。
  
  
なんかね、もういっそすべてが斜め45度から見えるメガネでも作ったら世の中平和になるんじゃないですかね。テレビにも「斜め45°」ボタンつければいいと思う。もちろんリモコンの斜め45度上あたりに、45度に傾けて。
  
iPhoneのカメラにLive Photoという一瞬だけ動く写真が撮れる機能があるじゃないっすか。猫の写真を表示した瞬間に、例えば尻尾がパタパタ動いていたりすると、「はわわ〜」ってなるんですけども。まあ逆に動くのが気味ワルイ写真になることもあるんですけども。
  
アレと同じように、VRの技術を使って、撮った写真を自動で45°の角度に向かせて保存してくれる機能もつけたら面白そうだ。どの角度が一番綺麗に見えるかをAIが判断して保存する、ベストショット機能。うん、これ、女性に重宝がられること間違いナシ!!  いかがですかね、Appleさん。
    
  
パイプ椅子も45°。
自転車のスタンドも45°。
イーゼルも45°。
ブックスタンドも45°にするとなんだかオシャレに。
起筆の基本は45°。
包丁を使うときはまな板に対して45°で。
歩道橋も45°。
ベイブリッジの吊り(なんていうの?)も45°。
もうひとりいってみよ。
あのGoogle先生も、3Dの航空写真は斜め45°上空から(近づきすぎると真正面になっちゃうけど)。

  
  
世の中は斜め45°で溢れている。